2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09

映画鑑賞記録
- 2012/08/23(Thu) 23:53 -
映画鑑賞記録
★はあくまでもとーたんの記録でありまして質量に限ったものではありませんデス。


ヒューゴの不思議な発明 IMDb
(Hugo) 2011年 イギリス/フランス/アメリカ
胸をうちぬかれるメッセージは伝わってきませんでしたが、題材が観やすいストーリーとしてまとめられとーたん好みでした。
子役をはじめ他全体の配役もgood♪
テーマ(メッセージ・アイデア)★★★☆☆
演出★★★☆☆
編集★★★★☆
脚本★★☆☆☆
撮影・照明・撮影効果など★★★★☆
音楽★★★☆☆
美術・衣装・小道具など★★★☆☆
スタント(殺陣、カメラカー、FX、火薬含む)★★☆☆☆
視覚効果(VFX、CG含)★★★★☆
配役★★★★☆
製作★★★★☆
もう一度見たい★★★☆☆
総★★★☆☆


花嫁はエイリアン IMDb
(MY STEPMOTHER IS AN ALIEN) 1988年 アメリカ
B級(低予算)映画になるのでしょうか とはいっても映画原点(製作)知り尽くした作品と言えると思います。
今の時代、こういった作品を観ると心が洗われます。ゴーストバスターズにラヴコメを足した心和む映画でした。
テーマ(メッセージ・アイデア)★★★☆☆
演出★★★★☆
編集★★★★☆
脚本★★★★☆
撮影・照明・撮影効果など★★★★☆
音楽★★★☆☆
美術・衣装・小道具など★★★☆☆
スタント(殺陣、カメラカー、FX、火薬含む)★★☆☆☆
視覚効果(VFX、CG含)★★★★☆
配役★★★★☆
製作★★★★★
もう一度見たい★★★☆☆
総★★★☆☆


スタスキー&ハッチ IMDb
(Starsky and Hutch) 2004年 アメリカ
スタハチファン以外にはどんな感想になるのでしょうか・・
なにせとーたんは初代スタハチ世代であり大ファンだったのでリメイク(本作品)されたと聞いて期待半分、不安半分で鑑賞しました。
すると期待をはるかに越す出来栄え、オリジナルを全くといって崩すことなく、それはスタハチファンがスタハチファンの為に作った様な仕上がりに泪がちょちょ切れましたデス。。。
時代設定も当時にし 配役も配給当時こそとーたんは知らなかった今では人気俳優をチョイス、脇も当時を思わす配役に感動でした。
赤い稲妻の復活、とーたーんの(少年)青春時代が蘇りましたデス♪
TVシリーズだった初代、本国での厳しい(らしい?)放送規制から、回を重ねるごとに内容や描写も柔らかくなっていたストーリーも今の時代の映画として制作されたことから本来のスタハチがTVシリーズを超して復活した作品でした。。。
あくまでもアナログ式に拘った撮影制作、カースタントから全体に渡り制作サイドのオリジナルへの想いが満喫、そしてラストのサービスカットにまた感動。。。久し振りに本作を観ましたがやはり初代スタハチファンには是非お勧めしたい作品です。
テーマ(メッセージ・アイデア)★★★☆☆
演出★★★★★
編集★★★★☆
脚本★★★☆☆
撮影・照明・撮影効果など★★★☆☆
音楽★★★☆☆
美術・衣装・小道具など★★★★★
スタント(殺陣、カメラカー、FX、火薬含む)★★★☆☆
視覚効果(VFX、CG含)★★☆☆☆
配役★★★★☆
製作★★★★★
もう一度見たい★★★★★
総★★★☆☆


サルベーション IMDb
(SALVATION BOULEVARD) 2011年 アメリカ
カルトといってよいのでしょうか・・ 偏った思想から作りだされる都合から欲へのつじつま合わせ。
どんな思想も根源は変わらない様な・・。
アメリカでもタブーとされる題材をすこし(皮肉った)こっけいにも描き受け取れる脚色は珍しいかもしれません。
中途半端と言われればそれまでですが、そこが制作サイドの狙いかも。。。
配役も悪くはないのですが、全体的にアンバランスの様な・・
ストーリーのリズム、メッセージ、カメラ照明などのトータルバランスに惜しさを感じました。
テーマ(メッセージ・アイデア)★★★★☆
演出★☆☆☆☆
編集★★☆☆☆
脚本★★☆☆☆
撮影・照明・撮影効果など★☆☆☆☆
音楽★★☆☆☆
美術・衣装・小道具など★☆☆☆☆
スタント(殺陣、カメラカー、FX、火薬含む)★★★☆☆
視覚効果(VFX、CG含)★★☆☆☆
配役★★☆☆☆
製作★☆☆☆☆
もう一度見たい★★☆☆☆
総★★☆☆☆



スティーヴ・オースティン ザ・ダメージ IMDb
(Damage) 2009年 アメリカ/カナダ ※オリジナルビデオ映画
B級ファイテング映画かと思えばそれまでですが、ちょと違った演出のような・・。
B級脚本にTVドラマのようなカメラワークなのに、演出の想い(メッセージ)がなんか?よかったです。
配役も知らない俳優ばかりでしたが、これもなんか?よかった。。。
なんか?ばかりですが、やっぱりなんか?良かった作品です。
バブル時代からB級映画にはほんと外れていましたが、この数年のB級だからこそのよい作品が復活してきた様な・・
とは言っててエンディングはやっぱりB級作品で締めていましたデス。
テーマ(メッセージ・アイデア)★★☆☆☆
演出★★★★☆
編集★★☆☆☆
脚本★☆☆☆☆
撮影・照明・撮影効果など★☆☆☆☆
音楽★★★★☆
美術・衣装・小道具など★★★☆☆
スタント(殺陣、カメラカー、FX、火薬含む)☆☆☆☆☆
視覚効果(VFX、CG含)-----
配役★★★★☆
製作★★★☆☆
もう一度見たい★★☆☆☆
総★★★☆☆


クリーン IMDb
(clean) 2004年 カナダ/フランス/イギリス
ヨーローッパやカナダ映画の十八番のひとつといえる作品作りです。
カメラワークに悪酔いしてしまいましたが後半にはなんとか落ち着きました(カンヌの撮影賞は取ったらしいけど)。。。。
とーたんが大好きな俳優さんがお爺ちゃん役にキャスティングされ主役も悪くはなかったけれど全体のバランスが。。。
ストーリーは子と引き離された母親の再生への道だが 脚本演出の的があれもこれも・・となってしまったような。。。
テーマ(メッセージ・アイデア)★★★☆☆
演出★★★☆☆
編集★★★★☆
脚本★★☆☆☆
撮影・照明・撮影効果など★★★★☆
音楽★★★☆☆
美術・衣装・小道具など★★★☆☆
スタント(殺陣、カメラカー、FX、火薬含む)★★☆☆☆
視覚効果(VFX、CG含)★★★★☆
配役★★★★☆
製作★★★★☆
もう一度見たい★★★☆☆
総★★★☆☆



縞模様のパジャマの少年 IMDb
(The Boy in the Striped Pyjamas) 2008年 イギリス/アメリカ
ミラーマックスがBBCと組んでやっちゃいました
"禁じられた遊び"のような流れでストーリは進行し結末は大手制作会社の映画とは思えぬ締め・・。
何故今この作品を製作したのか・・ そこにまで考えさせる映画となりました。
あの時代ではなく、今現在も続くとして訴えかけている様にも受け取れます。。。
終劇し涙する方も多いと思います。しかしとーたんは泪がでませんでした。それは己自身への誓いへとなっていたから・・・。
テーマ(メッセージ・アイデア)★★★★☆
演出★★★★☆
編集★★★★☆
脚本★★★★☆
撮影・照明・撮影効果など★★★☆☆
音楽★★★☆☆
美術・衣装・小道具など★★★☆☆
スタント(殺陣、カメラカー、FX、火薬含む)★★☆☆☆
視覚効果(VFX、CG含)★★★☆☆
配役★★★★★
製作★★★★★
もう一度見たい★★★★☆
総★★★★★


アメリカン ホストクラブ IMDb
(Cougar Club) 2007年 アメリカ
あ~ 楽しかった ^^♪
テーマ(メッセージ・アイデア)★☆☆☆☆
演出★★☆☆☆
編集★★☆☆☆
脚本★★★☆☆
撮影・照明・撮影効果など★★☆☆☆
音楽★★★★☆
美術・衣装・小道具など★★☆☆☆
スタント(殺陣、カメラカー、FX、火薬含む)★★★☆☆
視覚効果(VFX、CG含)★★☆☆☆
配役★★★★☆
製作★★★☆☆
もう一度見たい★☆☆☆☆
総★★★☆☆


バトルシップ IMDb
(Battleship) 2012年 アメリカ
楽しかった~♪ と思えるSF痛快?青春?アクション映画とでもお伝えすればいいのかな?
とーたんが今まで観てきた作品の中ではチョット面白い切り口の仕上がりでした ^^
いい意味で予想を裏切ってくれた作品、期待をせず見ると心地よくご覧いただけると思います。
テーマ(メッセージ・アイデア)★★★★☆
演出★★★★★
編集★★★★☆
脚本★★★★☆
撮影・照明・撮影効果など★★★★☆
音楽★★★★☆
美術・衣装・小道具など★★★★☆
スタント(殺陣、カメラカー、FX、火薬含む)★★★★☆
視覚効果(VFX、CG含)★★★★☆
配役★★★☆☆
製作★★★★☆
もう一度見たい★★☆☆☆
総★★★☆☆


罠にかかったパパとママ IMDb
(Das doppelte Lottchen) 1961年 アメリカ
なぜこんな場面で? ・・と 不思議なぐらいに何度も泪が零れてしまいました
優しい作りだから? あたたかいから? それとも懐かしい作りだから?
リズミカルな演出なのに気が付くとポロリポロリと泪が。。。
ストーリは双子の姉妹少女が両親の離婚によってお互いの存在を知らずまま生き別れて
それぞれ父と母の愛に守られていたが、ひょんな切っ掛けで双子姉妹は出逢う。
60年代前期製作映画を想わせる優しくてあったかくて ちょっとコミカルな映像創り。
ストーリーも更に古い原作を踏まえた全編がハートフルコメディの中、当時の離婚後の親子兄弟の生き別れ問題を強く伝えたがっていたのが受け取れます。
結末はコテコテのハッピーエンドではありますが、一番に伝えたい親の都合によって子はどんな思いになるのか・・
子にとっての幸せが親にとって何よりもの幸せであり それは子を先とした理解が映画となったのでしょう。
1961年作品ですが、現代でも十分通用する映像美(DVD版はおそらくデジタル処理されている)、
そして脚本演出、各技術パートは見劣りしませんでした。欧米が歩んできた時代を今まさに追うように歩く現代日本と重なります(苦笑)
後のリメイク版も機会をつくって観てみたいと思えた作品です。
テーマ(メッセージ・アイデア)★★★★☆
演出★★★★★
編集★★★★★
脚本★★★★☆
撮影・照明・撮影効果など★★★★☆
音楽★★★☆☆
美術・衣装・小道具など★★★☆☆
スタント(殺陣、カメラカー、FX、火薬含む)★★☆☆☆
視覚効果(VFX、CG含)-----
配役★★★★☆
製作★★★★☆
もう一度見たい★★★★★
総★★★☆☆


伝説のロックスター再生計画! IMDb
(Get Him to the Greek) 2010年 アメリカ
なんだろう・・ なんか良かったです
設定など観る方によっては好き嫌いがあるとは思いますが メッセージはとても優しくてあたたかいです。
テーマ(メッセージ・アイデア)★★☆☆☆
演出★★★☆☆
編集★★★★☆
脚本★★☆☆☆
撮影・照明・撮影効果など★★☆☆☆
音楽★★★☆☆
美術・衣装・小道具など★★★☆☆
スタント(殺陣、カメラカー、FX、火薬含む)★★☆☆☆
視覚効果(VFX、CG含)★★☆☆☆
配役★★★★☆
製作★★★★☆
もう一度見たい★★☆☆☆
総★★★☆☆


トータル・リコール IMDb
(Total Recall) 2012年 アメリカ/カナダ
シュワちゃん作品よりもメッセージ性が強いと言えば良いのか、セリフでのダイレクトな表現が多過ぎかもしれません。
おいっ!って突っ込みたくなるストーリー(進行)に少し脚本の粗さが目立っちゃったのが惜しい作品でした。。。
テーマ(メッセージ・アイデア)★★★☆☆
演出★★★☆☆
編集★★★★☆
脚本★★☆☆☆
撮影・照明・撮影効果など★★★★☆
音楽★★★☆☆
美術・衣装・小道具など★★★★☆
スタント(殺陣、カメラカー、FX、火薬含む)★★★☆☆
視覚効果(VFX、CG含)★★★★☆
配役★★★☆☆
製作★★★★☆
もう一度見たい★★☆☆☆
総★★★★☆

人気ブログランキング FC2ブログランキング facebookへシェア
娘"紗礼”へ届いて欲しい・・ そんな祈りから登録をしてみました・・・
<<親父殿 | メイン | 蒼空>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakura20011019.blog21.fc2.com/tb.php/2503-5305024e
| メイン |