2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11

さくらんぼ桜道
- 2013/03/13(Wed) 16:36 -



梅の花と桜の花が重なる頃



2013 03 13_1381 hd







紗礼さんとのお買い物道

奥まったところにも梅が立っていたんだね

抱っこしてお買い物に行ったり

自転車に紗礼さんを乗っけてお買い物に行ったね







2013 03 13_1392 hd







自転車に付けた風車

クルクル周るその光景を紗礼さんは確認しているようだった

気持ちいいいですか~? と とーたんは後ろから声を掛ける

ひゃ~♪ と 紗礼さんは返してくれる







2013 03 13_1385







風にあわせ舞う紗礼さんの後ろ髪・・

なびく髪にのって紗礼さんの薫りをはこんでくれる希望の風・・

紗礼風・・

とーたんは生きている・・

きみの存在に守ってもらっている・・

愛する娘の存在に教えてもらったこと

とーたんはすこしぐらい自分の存在を好きになってもいいのかな・・

甘く優しい紗礼さんの香りを体イッパイ吸い込み誓っていたとーたん

僅か半年位しか通らなかったこのお買い物道

帰り道はお花がはいった袋を持ってたり 紗礼さん用お庭遊びセットだったり・・

紗礼さんとお買い物デートで通った道







2013 03 13_1386 hd







桜の木があったなんてこと とーたんは気づかなかった

何年も年月が過ぎ知ったこの桜

サクランボ桜

紗礼さんが生まれ育ったこの町内では一番早く花をさかせるらしい







2013 03 13_1387 hd







けして大きくはないサクランボ桜

けれど伸びた枝はしっかりとし年数を感じます

紗礼さんばかり見ていたとーたん

紗礼さんばかり感じていたとーたん

紗礼さんは知っていたのかな

気がついていたのかな







2013 03 13_1382 hd




きみを抱いてあるいた道

きみを自転車にのっけてながした道

きみと手をつないであるいた道

このサクランボ桜道

今年も満開です



人気ブログランキング FC2ブログランキング facebookへシェア
娘"紗礼”へ届いて欲しい・・ そんな祈りから登録をしてみました・・・
<<春への足あと | メイン | 汗ばむ快晴と強風 そして明るすぎる太陽  ~2003年の今日~>>
コメント
- Re: とーたんWorld (*^-^*) -
mikiさん こんばんは
お久し振りです 勿論憶えていますよ ^^

> 切なさの中に紗礼さんを想う優しい父のラブレターが生き別れたまま天国に逝ってしまった父の言葉ではないかと…
> ずっとひとりで生活していた父
> 娘である私の事を思い出してくれた事もあったのかな‥て。
> それを思うと苦しいけれどとーたんみたいに思っていてくれてた そう思うと覚えていないハズの父の優しい腕に抱かれている様に思えて体がポカポカと暖まります(*^o^*)

離婚などそれは親である前に個人を優先したものです
家庭を築かない大人になれない大人であり、親になれない親でもあります
今の日本では少ないかもしれませんが、それでも他責とせず自責の念を持ち続け罪を負い行き続ける親も少なからずとも居るととーたんは信じ願っております。
ただしそれでさえも個人の事でしょう・・。そこに親であり続けたい勝手ない後悔であり単なる自己満足な詫びです。。。
mikiさんや生き別れとなった子どもたちには伝わるはずも無くそれこそそれをこうだと!言ってしまえばただの自己中心な抑圧となってしまいます・・。
とーたん自身、物心付いた時からの体験は忘れたくてもいまだ心と体に記憶されており それへの祈る思いも強いのかもしれません・・
とーたんもこの遺言日記を自己満足の場にしているのかもしれません。
遠退く記憶とともに 愛そして信ずる心までもが薄れさせたくないと・・。
そして極僅かな希望を忘れず書き残してきたおかげで こうしてmikiさんと出逢えたことに感謝となっております。
それはmikiさんから頂いたお言葉がとーたんいとっては娘紗礼の言葉だったらいいな・・・なんて。
ありがとうございます。娘紗礼を後にしてしまいますが、心救われます。。。

> 今もそんな父の話を母の前ではできません‥
> 正直 手足や首に鎖を縛り付けられている様で苦しいです‥

愛はひとそれぞれ表れが様々だと思います・・
この場ではmikiさんのお言葉は敢えて伏せさせていただきく事で、許してくださいね。。。

> 紗礼さんの甘えん坊さん振りから とーたんとママを信じていたのがとっても伝わってきます

ありがとうございます 紗礼もそうであってくれたと思いたいです ^^

> ちょっと衝撃的で私があの方々と同じ女性である事に少し体の調子が悪くなってしまいました…
> どなたか女性も同じ様な事を書かれて

ごめんなさい。子どもの立場でご覧頂くには内容がキツイかもしれないと・・ 削除しようか悩んでいます。。。

mikiさん いっぱい いっぱいありがとう
そしていっぱいいっぱい愛し続けてくださいネ *^^*
2013/04/24 00:36  | URL | とーたん #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/04/23 10:13  | | #[ 編集] |  ▲ top

- Re: 溢れる愛 -
makoさん こんばんは
> 思い出を綴られたそのお言葉が父から娘へ捧げる詩になって私の体の中にス~…と入り込んできました。
今ではただ愚なる罪人でゴザイマス。。。<(_ _;)>
> そんな詩は数々の苦しみの中を歩いきた実経験と心から愛している紗礼さんがいなければ綴れないと思います
いやいやっ ただのお馬鹿が作文を書いただけでゴザイマス。。。
> 今日もありがとうございます
makoさん こちらこそいつも人として父として扱ってくださるたくさんのお言葉に救われております
ただただ有難うございます・・ と
2013/04/22 22:39  | URL | とーたん #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/04/22 21:14  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakura20011019.blog21.fc2.com/tb.php/2803-54cc89ef
| メイン |