2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11

七夕へのそよ風‥
- 2013/07/06(Sat) 18:50 -


2013 07 06_3913 hd










2013 07 06_3908 hd-1










2013 07 06_3917 hd-1










2013 07 06_3907 hd-1










2013 07 06_3919 hd




真夏の陽射しだった1日‥

そよ風さんに助けられとっても気持ちいいね

キリギリスかな?

夏虫の鳴き声

お‥ 今年初の蝉の鳴き声はヒグラシ…


七夕だね






2003年の七夕の夜


正直 その夜の事は記憶していない
とーたんが走り回っていた土地ではあまり七夕という雰囲気はなかった記憶
ただでさえイッパイイッパイだったとーたん
何を目標にしていたのか・・ 家族が第一であった筈なのにと今更ながら思う・・


30年近く前


師でありお兄ちゃん的存在の人が目の前で死んだ
いや とーたんの膝の上で死んだといってよいだろう
苦しそうに 苦しそうに・・
生きる者の本能 必死で生きようとしていた・・
月明かりだったか 街路灯だったのか
血が光り照らされる事で口から溢れそうになっている事が解る
その度軽く頭を斜めにし血を流させる・・
それでも呼吸が苦しそうだったら仕事仲間が必死でホースやストローを集め口で吸い出す・・・

しだいに減る呼吸・・
呼吸がとまったり 暫く経って一回呼吸をしようとしたり・・
サイレンは聞こえど全く近づく気配がなかった長い時間
とーたんはただその人を頭を膝の上にのせているだけだった
祈るだけだった いや 目の前の現実がありながらも嘘であると思いたかった・・・

現場処理の後、遅れて病院へ駆けつけた
救急入り口付近で呼ばれた
「泣くなよ・・」
その瞬間 腰が抜けた・・
診断結果は即死だった・・
いや たしかに呼吸をしていた・・
生きようとしていた・・・

声も出ぬ泪が滝のように流れた・・
「もう好きなだけ泣け・・」
後に師となるその方に抱きかかえられ啼いた・・・

仮通夜 お通夜 お葬式 住宅街は七夕飾りが飾られていた・・

双子の子どもがいた ゲンキくんとヒロミちゃん
まだ保育園生だった・・
スキップしては うごかぬ父の顔を覗き見て
「パパは???」

ご家族を事故現場に連れて行った
その時も子どもたちはダンスをしていた・・
とーたんは役目がなかったのに 誘われたのに 子どもたちと一緒に遊べなかった。。。

当時のお師匠に呼ばれる
どうする? この仕事を続けられるか?
続けると言った

仕事バカだったとーたんに遅い夢の季節かやってきた
家族を持てたとき辞めることにした
なんの迷いも無かった


2003年 七夕へ向かい
何故とーたんは紗礼さんの傍に居なかったんだろう・・



人気ブログランキング FC2ブログランキング facebookへシェア
娘"紗礼”へ届いて欲しい・・ そんな祈りから登録をしてみました・・・
<<七夕‥ | メイン | カムイミンタラへ誓う  ~美馬牛から 2003.~>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakura20011019.blog21.fc2.com/tb.php/2969-8b6f0256
| メイン |