2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09

出会い・・  ※下書き
- 2014/12/23(Tue) 18:28 -




2014 12 23_6210-1






夕刻からの街は師走を思わす足取り
クリスマス直前の休日で優しさとせわしなさとお疲れモードのパパで一杯‥
どこの本屋さんもイッパイ・・
絵本を探してあちこち本屋さんを行ったり来たり。。。

*

赤ちゃんをダッコ紐で抱くおとーさん
傍には小学校に上がるかどうかの男の子
絵本を選んでいる

きっとおかーさんは動きやす別行動でお買物をしているんだろうね

赤ちゃんの あ・・ お・・ 
指差し確認に応えるおとーさん
赤ちゃんを卒業しかけたちいさな子はみんな一緒だね

絵本が詰まった棚から絵本が抜けないボク君
とって・・ (ちょっと)ムリ・・
絵本と格闘するボク君

とーたんは絵本探し・・

おと-さんの携帯のバイブが鳴る
いくよ とおとーさん
その時やっと棚から取れた絵本
絵本を持って慌てておとーさんを追いかけていく

続けて絵本を探すとーたん

絵本を抱えて戻ってくるボク君
今度あの棚に絵本を戻す・・が
傾いた絵本の重さになかなか勝てない・・

とーたんが傾いた絵本を起こし隙間をつくる
何とか入った絵本
振り返るボク君
ひと間あって泣きそうなお顔になる

えっ とーたん何かした?
この場から去ろうとしたようにも見えるのに動かない
すると・・
なにか言いたそう

どーしたの?
とーたんの声掛けを待っていたかのように

ちいさな声で・・
おとうさん・・・
必死で涙を抑えるも・・
滲み出てくる涙を拭うボク君。。。

どーしたの? と今度は本当のおとーさんが棚の向こうから声
とーたんにスイマセンと会釈をしながら どーしたのーのおとーさんに
テクテク歩いて寄り
ヒシッ・・と抱きつくボク君・・

ボク君の置き去りにされたような寂しかった気持ちをとーたんが代弁すると・・
そーだったの?
うん(ちいさく)
そっかー そんな筈ないじゃん
おかーさんとこ行こ♪ 待ってるよ♪

会釈を交わし去ってゆく親子さん

ボク君 ほんと寂しかったんだよね・・
ほんと不安だったんだよね・・
ほんの一瞬でも子どもにとってはとても長い時間・・・。

絵本を一生懸命ひとりで取り
絵本を一生懸命ひとりで戻し
ひとりになった瞬間
必死に涙を堪える・・・

*

本屋さん周りしていたとーたん
途中で宅配便や郵便局に問い合わせ
イヴに間に合う最終(便)受付は19時
プレゼントのサイズに合うクリスマスラッピング(袋)は最後にしていた
100均ショップのクリスマスラッピング棚は何処のお店もカラッポ・・
ユザワヤならまだあるでしょ・・
と行ってみたもののクリスマス製品全て半額セールしていたらしく勿論ラッピング類も完売。。。
しょうがないので100均ショップに戻って防水加工された紙袋やビニール手提げ袋をいくつかチョイス。
このちいさな街を汗掻いて歩いていたとーたん。。。
帰り道
今 この日記の下書きをしていると郵便局本局の前を・・ 18時40分通り過ぎる。。。
ゴメンナサイ
クリスマスプレゼントは明後日になっちゃう・・
まだ何も決まっていないメッセージを本に添えたかったから。。。

*

愛子様の声を初めて聴いたかもしれない
可愛い中に大人になっていくお声‥
紗礼さんはどんな声になったんだろう

人気ブログランキング FC2ブログランキング facebookへシェア
娘"紗礼”へ届いて欲しい・・ そんな祈りから登録をしてみました・・・
<<聖夜への祈り | メイン | そっか‥>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakura20011019.blog21.fc2.com/tb.php/3435-c8e1509c
| メイン |