2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06

1.17  ~置き去りにされた生と心~ (改訂)
- 2016/01/17(Sun) 05:46 -



hanshin-awaji-5.jpg




阪神・淡路大震災
Great Hanshin earthquake 
~2日後から~

*
今日の日記は阪神・淡路大震災2日後から数週間の内容です。
写真・ビデオ動画を含め 読まれることでストレスを感じられるかもしれません。
ストレスを感じてしまいそうな方は必ずスルーして下さいね。
写真画像は全て当時に父と母が暮らす町近辺で撮ったビデオ動画から抜き取ったものです。
(撮影場所は芦屋を主に2国沿い、43沿い、尼崎、東灘、芦屋浜)











1995年(平成7年)1月17日午前5時46分52秒

紗礼さんの爺ジ 婆バが暮らす町で地震が起こった



hanshin-awaji-4.jpg



東京のテレビで緊急速報が延々に流れる
空撮中継で次々と映る町並み
その中に見覚えのある町並みがあった
お空から見たことがない町なのにそれは理解できた。
爺ジと婆バが暮らす家のすぐ傍だった・・
電話をするも繋がらず・・
池田に暮らす兄宅にも電話をして見る
何度目かで繋がった電話
兄嫁との電話中にも余震で叫び声が耳に飛び込んできた。

何時頃だったろう 爺ジとなんとか電話が繋がった。
電話向こうの親父殿はのんびりした口調だった が・・
報道空撮で映しだされる爺ジの家の周りはハリウッドのパニック映画の様になっているのに・・・。

その時期たまたまとーたんでなくても進行出来る仕事内容だけだった。
テレビ報道の画面から情報収拾しながら機材車をチェック。大抵のものは常備(*)しているので、加えてオフロードバイク、自転車、ポータブルトイレ、長期用キャンプ一式等々機材車に積み込む。
徐々に情報が増える報道を見ながら一夜が明け、ホームセンターが開店するやポリタンク、携帯トイレパック、ホッカイロ、乾電池、カセット式ガス、パイプヒーターを買出し、新たにカセットガス式小型ストーブも数台買い足し東京を発った。
通常なら新幹線を使って3時間半 機材車はゆっくりで高速を使っても8時間弱で行ける距離・・
東名も名神も空いていた。 道中、東京の地名を付けた消防車やレスキュー車輌のコンボイを何組追い越しただろうか・・
一体何処のインターだったろうか、強制的に高速を降ろされる事となった。

慣れない高速出口から地道に下ろされ暫く走ると被災地へ向かう幹線道路は大渋滞
幹線道を反れるも抜け道らしき山道や閑静な住宅街でさえ大渋滞・・
しかしその多くは車内満員で音楽を大音量で騒ぐ若者の車が多かった・・・
どれくらいかかったろう、どこかで見かけた地形だと気が付くとそこはとーたんが生まれ少年期を過ごした町 宝塚だった。
そのまま宝塚を抜けて甲山・夙川コースで2国へ・・・

真っ暗な車窓でありながら爺ジの家に近づくにつれ現実に唖然とする
倒壊によって遮断される道・・
道路自体も至る所で陥没・・
暗闇の時刻でも地震の巨大さは実感できた。
街路灯に頼っていた道は真っ暗でヘッドライトだけでは突然の陥没は見つけられず慎重に車を走らせるしかなかった。
爺ジが暮らす町までどれくらい掛かったのだろうか
道中何度爺ジ宅へ電話しただろうか? 震災日の一回から当時の携帯回線でさえもまた全く繋がらなくなっていた。
昼前には用賀に乗った筈なのに着いたのは真夜中、震災の翌々日だった。

爺ジと婆バが暮らす町にはいると一見被害は小さくも感じた が・・
爺ジと婆バの家はすぐそこの所で目の前の高速道路は倒壊していた・・
迂回して家にたどり着く、家自体は堪えていた。



hanshin-awaji-1 hd



大きな木造の門は出入り口を塞ぐように倒れていた
爺ジも婆バも大丈夫だった
一軒の家でありながら 家族でありながら全く別の生活をしているふたり
庭先から掛けるとーたんの声に爺ジが応えてくれすぐに出てきた・・
そしてとーたんの後ろに見える光景に口をあんぐりと開け周りを見渡す爺ジ
実は怖くって表に出れなかったらしい・・
婆バはいつもの感じで自己アピール一杯で登場してきた

海(入り江=通称「浜」)が傍だった爺ジと婆バのお家
紗礼さんもお散歩した入江からは赤く染まり踊る不気味な空が見えた。
赤黄青緑色と揺らぐ炎 至る所で黒鉛が上がっていた・・・。
これは暫く東京へは帰れないな 暫くここに居ることになるなとすぐに判断できた。

ライフラインは全滅・・
昼夜を問わず鳴り響く緊急車輌のサイレン・・
真夜中でも家の上では物資輸送用なのか大型ヘリが常に着陸態勢をとり順番待ちのホバリングしていた

日に何度もお尻の下から突き上げる衝撃、そして垂直降下式ジェットコースターの様な余震はずっと続いた
そんなまだ余震が続く中、町の復旧工事はすぐにはいった
家の傍では倒壊した高速道路の復旧作業に24時間体勢、
その内地面からの衝撃が工事なのか余震なのか区別が付かない日々が続いた。
24時間行き交うサイレン音・・ それに加えて大型ヘリの振動・・
地震でヒビがはいった家の壁や網入りガラスは更に日々広がっていった。



hanshin-awaji-3.jpg



とーたんも爺ジも婆バもいつでもお家を飛び出せるよう寝る時も外出の服を着ていた
というよりも家の中とはいえ 寒くて防寒着を着ていないと耐えられなかった
避難所に入れずブルーシートで屋外へ避難されてる方たちはこんな寒さどころではなかったろう・・
昼間はご近所の皆さんとガレキを整理、地震で湧き出た地下水を使ってご近所交代で洗濯・・
爺ジの家はスーパーゼネコンが建てた鉄骨製のお陰なのか外観は壁面のコンクリ部分がフラッグ程度で済んでいた
崩れたお隣さんとの境界ブロック塀の片付け、庭もあったので穴を掘っただけだが簡易トイレを作り
出入りを塞ぐ様に倒れた無駄にデカイ木造門も機材車で何とか引き起こす事が出来た。

* * *

東から来る物資は爺ジと婆バの暮らす町でストップしていた。
西へ向かう物資輸送トラックたちは誘導されず立ち往生・・
隣街では食料が足りない筈なのに役所の脇には食べられず山済みになった生食材・・
役所ではボランティア志願者の人たちが有り余る食事を与えられても作業は与えられず溢れかえっている・・・
そこには名誉や肩書に縋りつく他責畑の単純労働者お役人たちが仕切っているつもりで実は空回りしている姿、
都合のよい過去のデータを寄せ集め作りあげられたマニュアル(教科書)しか読めないのでは致し方がない・・
それでも念のため車や機材持込で登録をしてみた。
持ち出しの機材車を求めて数時間後にとーたんの携帯に連絡が入る。



hanshin-awaji-8.jpg



救助補助や怪我をされたご老人を離れた町で暮らすご家族宅への送迎・・
全国から届いた有り難いた飲料水や食べ物、オムツ、乳児用ミルクなどを団地やマンション、小さな避難所、集会所へ・・

そんな移動中には勿論色んな方と出逢った・・
海外から移住されてまだ慣れないのでしょう・・
集会場を遠目に見つめる赤子を抱えた女性の姿
どうやら日本語が話せないらしく住人と解けこめず・・
そんな不安そうに赤子を抱っこするお母さんにも遭遇することもあった・・
「オムツとミルクは足りていますか?」と差し出すもどうやらそれら食料や生活品を求めてはいなかった様で
「足りています」と言っておられるのかジェスチャー付きで微笑を見せてくださった
もしかしたら家でちいさな赤ちゃんといるのが不安だったのかもしれない・・

役所からのヘルプ以外では地元の人たちと共同で倒壊家屋を周り再度生存者の確認・・
良くも悪くも多くの人たちと出逢う機会があった。

町は恐怖と不安でイッパイだった
それは地震に対するものだけではなく
これからどうやって活きていけばよいのか・・・




阪神淡路大震災 -1週間経った時-



幾日か経ちあらためてビデオカメラを持って近所を周って見た。
記録しておかなければ・・
風景撮り気分で三脚など持ち歩ける空間がある筈もなく・・
炎が上がる場所 煙燻る場所ではビデオをまわせなかった・・
避難所でもビデオをまわせる筈もなかった・・



hanshin-awaji-6.jpg



家を失い 職を失い 借金だけがのこる人々
家族に連絡が取れない人々
そして
家族を失った人々
みんな不安と悲しみという逃げ場のない恐怖で一杯だった・・・。

その空間の中 印象的だった情景があった
地方ナンバーの軽トラや小型トラックがポリタンクを数千円で売っていたり、
雑貨や食料の正価のケタに0を足して販売している光景があった・・
しかし地元の被災した個人商店たちは食料品雑貨などを下代や無料で配布・・
客「そんなんアカンっ 受け取ってっ」 主「棚から落ちた品やから受け取られへんっ」
大手小売店やフランチャイズ店も別ではない、緊急(例外)の運送コストを掛け被災地に着いた時には賞味期限が切れ掛けているからと振り分ける・・
倒壊を免れた夜の閑静な住宅街では奥様が自宅の門灯の明りで炊き出しをし 通り過ぎる人ひとりひとりに声を掛けている・・
田岡組後の山口組五代目だって地下倉庫から物資や食料を放出し幹部、若い衆関係なく用品や炊き出しを配る・・
電車が走れないねじれた線路上を辿り 他の町からリュックを背負い家族や知人が暮らす町を尋ねる人々・・
繋がっている筈の道と線路を地名を尋ねながら歩く人々・・。

役所は行政の後処理作業にただ追われ 先回りして住民を守り活かす術を持たず、目の前に居る生き倒れでさえ対応しない
警察もただ自己アピールの陣地取りや履き違えた圧し権限(力)主張のみで未然に防ぐ事や目の前の救助でさえ意識を持っていない
生協でさえも一被災者へと立ち位置を変え要求ばかり
我が身を捨て信念を持ち続け 目の前の民へ捧げていたのは特装車が足りなくても水が足りなくても足を使って周る消防だけだった・・・

苦しみ 不安 恐怖 そして悲しみの中を彷徨い
人々は必死で笑顔をつくる
「ワタシはええ アンタは大丈夫なんか?」
みんな必死で笑顔をふりまく



hanshin_awaji.jpg



一軒の家がある
ひとつの家族がいる

人が存して町がうまれる
その町が街をつくる

倒壊した建造物
破壊した人工物
切断されたライフライン
震災は切っ掛けであり途絶えた多くの命は人災だったのでは・・・
我が身を捧ぐ志と祈の叫びは届かない

政府は動いていた
元である人が暮らす心は後へと圧し退けられ
救援や支援、復旧という名を借りた再開発事業へ向けて・・

震災から7年が過ぎ紗礼さんはこの地に足あとを残した。
その時はまだまだ民の情景には震災を切っ掛けとした傷が取り残されている姿があった。


『1・17のつどい』(神戸新聞DIGITAL公式)
宝塚の武庫川で「生」の文字ライトアップ(神戸新聞,NEXT公式)
阪神・淡路大震災から21年 各地で追悼続く(NHK 公式)
阪神淡路大震災21年報道特別番組「あの日を忘れない」(サンテレビ 公式)
【震災報道の記録】(サンテレビ公式)
『阪神・淡路大震災』サイト(サンテレビ公式)
阪神・淡路大震災サイト(神戸新聞,NEXT公式)
『鶴瓶上岡パペポTV ~笑わすことができない~』(読売テレビ 1995年1月27日放映コピー)

(*)被災地で使えた機材車の常備一式:救急道具(箱)、車用整備工具類、屋外作業用蛍光灯、3.2kw/100Vゼネ、ガムテ、針金、ブルーシート、ジャッキ、ワイヤーガッチャ、ロップ、細引き、ワイヤー、バール、バンセン、ハンマー、ナグリ、45角心木、シャベル、ディスクグラインダー、のこぎり、赤ガス用スチールタンク、カセットガス式ストーブ(冬場のみ)等々。
※被災地で改めて欲しいと思い宝塚のホームセンターまで買いだしてきた物:6m角材、つっかえ棒として等、重量=頑丈に加え加工しやすく万能。
※念の為ハーネス類一式やノーメックスのスーツ一式も持っていったが、流石に使う事はなかった。
※キャンプ道具はカセットガス式温冷庫、ランタン、以外殆ど使う機会はなかったです。
※ポリタンク(22L)を4つ買っていったが正味2つで足りた。
※移動手段としては自転車も瓦礫の多い地域では殆ど使いものにならなかった。やはり荷物こそ制限されるもののオフロードバイクが一番機動力がありました。
☆これらで足りたのはあくまでも爺ジ宅が倒壊を免れた事、爺ジが暮らす町が住宅街にも関わらず冬場なのに火事が少なかった事、その冬の冷たさが食料保存を延してくれた事、爺ジが暮らす町までは何とかトラック物流が動いてくれていた事、比較的早くライフラインが復旧した事、そして何よりもご自宅お店が倒壊しながらも財産を投げ捨て奉仕して下さった個人商店/飲食店が多かった事等々が重なった状況での事です。



Background Song
Rascal Flatts "I Won't Let Go"
Alicia Keys "We Are Here"
Daughtry "What About Now"
Taylor Swift "Out Of The Woods"
P!nk "Dear Mr. President"
James Blunt  "You're Beautiful"
Leona Lewis "Footprints in the Sand"
Whitney Houston "I Didn't Know My Own Strength"
Alicia Keys "Doesn't Mean Anything"
人気ブログランキング FC2ブログランキング facebookへシェア
娘"紗礼”へ届いて欲しい・・ そんな祈りから登録をしてみました・・・
<<オモイ雪 | メイン | 冬晴れ>>
コメント
-  -
孝ちゃんのパパさん こんばんは。

> > > >
> 軽トラの後ろに積んで水をいっぱい満たして東灘小学校へ向かいました。

来て下さっていたのですね
有難う御座います。。。

> > > > > >
> 今でも、あのおじいさんに水を届けられなかったことをすぐに思い出してしまいます。

そんな事があったのですね・・
ある日、飲料水を入れたポリタンクを街外れの小さな集会所に運んで役所に戻ったら
たった今置いてきたばかりのその集会所から飲料水が切れている連絡があったと聞いて「え?」と・・。
もう一度飲料水を持っていったらさっき置いてきたばかりの飲料水はおろかポリタンクごと無くなっていたことがありましたデス。。。
役所や大きな避難所には大量のミネラルウォーターや飲料水が集まってくるのですが、離れて孤立している所には中々補充が間に合いませんでした・・・。
遠出が出来ない小さなお子さんを抱えておられる方、ご年配の方、障害をお持ちの方等、表に出れない様々なお宅も多く居られる中、考えさせられましたデス。。。

> しかしながら翌日になると、一般車の通行止めが実施されました。

そんな時があったのですか・・
中に居たせいなのか全く知らなかったです。。。

孝ちゃんのパパさん 心から有難うございました。。。
2016/01/20 00:11  | URL | とーたん #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/01/19 00:44  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakura20011019.blog21.fc2.com/tb.php/3752-a9633e29
| メイン |