2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07

辿り・・ 2002  ~活きた跡。~
- 2016/08/16(Tue) 16:36 -


2002 08 16 1125_0174 cinesco sp



ハル兄にはゲームを持って行かなければ北海道に行こうと言っていた
えーーーっ!と言いつつ来てみればあれこれしっかりと時間を使ってくれていた
とはいっても釣りや洗濯、飯炊き・・ そんなものだ
あとは風を感じ 空を舞う鳥、浮かぶ雲を眺め 草木が揺れかすれるオト 魚が跳ねるオトを聴くぐらい・・
釣り成果はゼロでも何もないような空間で集中する姿は血は繋がっていなくてもさすが我が息子。
いや・・ 諦めただけか。。。



2002 08 16 1336_0178 cinesco sp



紗礼さんとママをベース基地に残してハル兄を連れ出しプチツーリング
朱鞠内湖畔の廃線跡をスクーターで辿ってみた
割れた道をスクーターのお腹に擦りながら奥へと突き進む
木々に囲まれクネクネした林道は木漏れ日を抜け突然直角に左へ曲がらそうとする
その右側には不自然に伸びた草木
スクーターを止め 親父ことヒグマを気にしながらとーたんの背丈よりも伸びた笹藪を掻き分け入り込む



2002 08 16_0649 cinesco sp1



2mも進めば足元の感覚が変わり、足で草と土をこするように押しのけるとそこにはコンクリーの姿
そこは笹藪に埋もれた駅舎跡の空間がある
幾度も軌道跡を見失いどうしても見つけられない駅もあった
幾度も通り過ぎそうになる、いや 通り過ぎて 今のは?と戻った場所(駅舎跡)もある



2002 08 16 1318_0177 cinesco sp



開けた空き地もある・・
不自然な脇道・・ 不自然な段差・・
足元の草に足を突っ込むとコンクリーの階段が顔を覗かす
レールが敷かれていたであろう段差を降りまた草木、笹を押しのけると現れる転轍機の姿・・
あきらかに人が手を加えた木材もところどころに姿を確認できる



2002 08 16 1302_0175 cinesco sp



その場に立ち見渡すと
そこは荒れたちいさな荒野にも映る が・・
軌道開通以前から林業が栄えていたという
そんな地にダム建設と合せレールは敷かれ駅ができたらしい
おそらく個人商店や林業関係の事務所といったものがあったのだろう
もしかしたら商店には人が暮らしていたかもしれない
事務所には住み込みもいたのかもしれない
ここには確かに人々の暮らしがあった筈
子どもたちの姿もあった筈
人々のふれあいがあった筈
人の生活と温かさは時代と共に風雪にさらされ風化されてゆく
風に揺れる草木や笹はあの時代の声と変わり届いてきそうな・・
この空間に列車のオトが流れ、人の声・・ 人の生活があった・・・
この地に生かされる家族があった
それは家族を守り抜く精神がこの地を後にし 去ってゆく
家族を守り支え伝え築いていった跡・・
日本最大級の人造湖建設には多くの労働犠牲者がいた
その中には強制連行されてきた朝鮮/韓国の労働者も存在した。
中々人には語り継がれない様々な人間模様があった筈・・
人が居るからレールが繋がる・・
そして人が去ればレールは消える・・
けしてこの地は痕ではない・・・
証です・・。



2002 08 14 1518-1
1995年まで使われていた同じ深名線"朱鞠内駅" 跡地バス待合所"
朱鞠内湖に着いた14日、設置されていた旅ノートに書いた筈だけど・・
2005年とーたん独りで行った時は2002年のノートは見つからなかったと記憶しています・・。
*クリックすると1997年にとーたんひとり旅で来た時の朱鞠内駅ホーム写真画像が出ます



- 蕗ノ台・白樺駅 -
けして大きな集落とは言えなかった地
"冬眠する駅"は臨時駅へ降格しそして廃駅へと
2002年、12年という年月の間 静かに眠っていた・・。
空き地の脇にはいかにもといった冷蔵庫がポツン・・と
中には旅ノートがはいっていた・・
(2005年にとーたん独りで行った時にはまた更に風化していた)
この夏、ハル兄に感じて欲しかった場所
今(その時)は解らなくてもいつか気付いて感じて欲しい空間・・・。
あの日 スクーターでは薄手のジャケットを羽織るも日射しは強く心地いい日だった・・。
(洗濯物も2時間掛らず乾いた・・)



2016 08 16_0746 cinesco



- 2016 -
台風だって
雨が来る前に
風が来る前に
今日の現場ははよ切り上げよーよ


Background Song
Michael Franti & Spearhead "Hey Hey Hey"
Tim McGraw "Humble And Kind"
Cole Swindell "You Should Be Here"
Florida Georgia Line "H.O.L.Y."
Lee Brice "I Drive Your Truck"
Fort Minor Ft. Holly Brook and Jonah Matranga "Where'd You Go"
人気ブログランキング FC2ブログランキング facebookへシェア
娘"紗礼”へ届いて欲しい・・ そんな祈りから登録をしてみました・・・
<<雨上がりの朝・・ | メイン | ちいさな街の日暮れと あの夏の湖 ~お盆~>>
コメント
-  -
鍵コメ m・motherさん こんにちは ^^
ばれちゃいました?

> ブログを始める前から訪問していたので

えっ そうだったんですか?(驚)
驚かしちゃってごめんなさい f^o^;
今日は台風が凄かったですね
お仕事だったのかしら・・
お休みだったらいいのですが。。。

あらためて
オメデトーゴザイマス *^o^*♪
2016/08/22 17:45  | URL | とーたん #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

- 管理人のみ閲覧できます -
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/22 06:33  | | #[ 編集] |  ▲ top

-  -
孝ちゃんのパパさん こんばんは

> 僕が学生時代に北海道を旅したのは70年代。
> まだ、いろんな場所が活気づいていました。

70年代は北海道の観光ブームでもありましたよね ^^
スキー客や今でいうバックパッカー、鉄オタといったハシリも多かった時代でしたよね(笑)
まだまだ夜行列車(鈍行)も旅人は普通に利用していてあの頃のメッキ灰皿が懐かしいです(爆)

>>
> 産業構造の変化とは言え、たくさんの町が消えて行ったのでしょうね。

やはり明治維新政府の殖民政策もあまい予測に事が進まなかったみたいですよね。。。
なんぼ以上の土地を耕せばその土地はくれてやるといったプレゼンから
内地から多くの人々が入殖され開墾するもさすがに北の大地は訳が違う・・・。
ここまで道を通したから、あとはほれっそこの山を畑にしろって言われても・・
ぶっとい木々やでっかい岩を重機もなく耕せっていうんですものね・・
冬の大地は入殖者にとっても予想外だった筈・・・。
それでもコツコツ人力で岩をどかし木々を倒し開墾した先人たち・・
重機の時代がやってきてからもそれは想像もつかない長き苦しみがあった筈です・・
人間は自然を狂わせても 人間は自然を越えられないんだと。。。

木々に囲まれただけの山間を走らせていると よく古びたパン屋(雑貨屋)さんがポツンと一軒だけ商いされているのを見かけます・・
そこに駅があってね 栄えた時は一日に千人以上利用していてパチンコ屋だって映画館だってあったんだよ・・ なんてお話を伺うと胸が締め付けられます。。。
たしかに見ま渡すと森に囲まれるように駅舎跡地らしい広大な更地が遺っていたりする 都内や大阪市内のそこそこの駅以上の敷地面積です・・。
でも その町には住民票こそ残している方はおられても、実質住まわれているのはそのご夫婦だけの一世帯だったりもする・・・。

なんでしょうね・・ 開拓、開墾時代は開発事業世代へと。。。
政府と大手民間が手を合わせとんでもない費用を使ってもあまりの幼い計算で利益は伸びず撤退・・
後始末もせずに巨大な廃屋とそれに希望を持った民を置き去りにしてゆく・・
おいしそうな甘さだけを求め、苦しみを噛みしめず踏ん張らない政府ってなんでしょう。。。

あ・・ いかんっ 話が反れていまいました。。。<(_ _;)>
しかもこれも十分日記ネタになるし・・(爆)

> 僕たちはユースホステルを利用して旅をしましたが
> たくさんのユースホステルが消えてしまっているのでしょうね。
> ちょっと寂しい気持ちがしてきました。

とーたんはユースホステルっていうのは少年期に一度しか利用したことしかなくて・・・・・
あっ 中学の時に友人と2人旅で鹿児島へ行った時ですよ(笑)
なんかその時ユースホステルはほぼ強制的に宿泊客と歌ったりダンスとかあったりで何が楽しいんだか理解出来ず嫌でしょうがなかったです。。。(爆)
どうもとーたんは旅人同士でのお友達つくりよりも地元の方のお話を伺ったり、その町の風景をただボー・・っと見ている時間が好きなようで。。。(笑)
最近(この20年弱前位からかしら?)外観がホテル・ペンション風でお洒落なトコが多くなったみたいでお値段もそこそこ取ってる施設も多いみたいですね(?)
少し前にユースホステル(組織)に関して改めてググってみましたが、余計に訳解らなくなりましたデス。。。あはは。

孝ちゃんのパパさん いつもありがとうございます。
メンタルの方は如何でしょうか・・
孝ちゃんのパパさんご自身と向き合う戦いにはなってしまいますが、
けっしてご無理なさらず、メールブログもマイペースで進められてくださいネ ^^
2016/08/22 04:36  | URL | とーたん #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/08/22 00:58  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakura20011019.blog21.fc2.com/tb.php/3960-2a4974ca
| メイン |