2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10

金曜日の幹線道・・
- 2017/01/27(Fri) 17:16 -


2017 01 27_3189 cinesco
2017 01 27_3192 cinesco



みんな明日はお休みなのかな・・
みんな明日も仕事かな・・



2017 01 27_3202 cinesco
2017 01 27_3186 cinesco



みんな待つ人は居るのかな・・



2017 01 27_3201 cinesco
2017 01 27_3196 cinesco



みんな待ってくれる人は居るのかな・・



2017 01 27_3194 cinesco
2017 01 27_3191 cinesco



みんな帰る家はあるのかな・・



2017 01 27_3184 cinesco


2017 01 27_3183 cinesco



金曜日の日暮れへと
幹線道には様々な想いが混みだします
紗礼さん 今日はどんな一日だったかな・・
紗礼さん 今週はどんな日々を送ったのかな・・
高校受験も本番シーズンだと思う
都立の推薦だったら昨日・今日だったとか・・
それを思うととーたんの心臓は止まりそうです・・

今更追い込みというのも遅いのかもしれないね
今は新しい事を詰め込まなくてもいいのかもしれない
振り返り忘れものはないか 置いて来たものはないか・・
見過ごして来たものはないか そんな見渡す時期なのかもしれない・・
紗礼さんが今までに気付き学びたいと思って歩んできた日々に無駄はない
その歩みが今にあり、未来の紗礼さんに繋がります
今に逃げ道をつくらず精一杯生きていてさえくれれば・・
紗礼さんのリズムでいい 紗礼さんの今の姿でいい・・

さぁ 早くあたたかい家へおかえり・・



Background Song
* Kid Rock "Single Father"
* Snow Patrol "Chasing Cars" > Royal Albert Hall Live ver. > Rob Falsini ver.
* Brooks & Dunn "The Long Goodbye"
* Shinedown "If You Only Knew"
* Hoobastank "The Reason" >  Heather Headley ver. > Hoobastank Acoustic ver.
* Simply Red "If You Don't Know Me by Now"
* Martina McBride "Anyway"
* Brett Young "Would You Wait For Me"
* Puddle Of Mudd "Blurry"
* Rascal Flatts "Changed"
* Daughtry "Torches"
* Carrie Underwood "See You Again"
* Jamie Scott "Carry You Home"
* 3 Doors Down "When You're Young"
* Simple Plan "Save You"
* Tim McGraw "Humble And Kind"
* Colbie Caillat "Try"
* Chris Cagle "Dance Baby Dance"




人気ブログランキング FC2ブログランキング facebookへシェア
娘"紗礼”へ届いて欲しい・・ そんな祈りから登録をしてみました・・・
<<ダークブルーの空に澄みきったヒカリ。 | メイン | 冬の斜光・・>>
コメント
-  -
マルチ君のお母さん こんばんは

> そろそろ受験シーズンですよね
> 私立だと早いところもありますよね・・・・

推薦だと作文だけとか・・・?
ググってみたら推薦試験は早い学校だとクリスマス前に実地していたらしいですね ちょっとびっくりしました。。。
とはいっても もし結果が駄目だった場合他の学校を受けなければいけませんしね・・・
一般入試も始まり出すようです
紗礼さんはどんながっこうへ行きたいんだろう・・・と
傍で守る事も遠巻きででも見守る事出来ずまま 近況を知る事でさえ・・・
本当にとーたんは情けないです・・・。

マルチくんも今年ご卒業なんですよね ^^
そして春から社会人になるとか・・・?
やりたい事に近い仕事先を見つけれたかしら?
とその前にマルチ君の体調はどうなのかしら・・
心因の切っ掛けからくることも多いそうですね・・
マルチくんの年齢では相当心身共に酷使されていた日常生活のご様子でしたから、もしかしたら学業を終える直前と社会人直前の僅かな瞬間を狙ったかの様に今まで溜まっていたストレスが襲い掛かって来たのかもしれませんよね。。。
酷い時は吐き気や予測なしに激痛が走ったりと相当苦しかった筈だと知人の医者からも聞きます・・・。
マルチ君のお母さんも大変でしょうが、こんな時だからこそマルチくんに子どもの心を取り戻させる時間をあげてくださいね ^^
そしてマルチ君のお母さんも母でいさせて貰える捧ぐ慶びをイッパイ イッパイ噛み締めてくださいネ ^^
こんなボロボロのとーたんで本当にごめんなさい・・・。

2017/01/31 00:11  | URL | とーたん #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

-  -
kumiさん そして旦那様 はじめまして。

> 3年程前からコメントもなしで読み逃げをしていました ごめんなさい。
> コメントを書きたい気持ちと いざ書き込んでみようとなると何度も何度も書き直し結果はいつもコメントを出せず終いでした・・・。
> 父としてそして親としてお嬢さん紗礼さんへ伝えたいお気持ちが溢れるラブレターを夫婦共々涙流す日も多くあります。

有り難うございます。。。
でもこんな愚かな自称父のブログなんかで涙を流さないでください、kumiさんご家族の築きへの喜びや苦しみの時に手を取り合い共に涙を流されてくださいね ^^

> じつは夫は高校を卒業するまで養護施設で育ち、私は両親が離婚し母親の元で4歳から片親家庭で育ちました・・。
> とーたんさんならもうお察しいただけるかもしれません・・
> 私たち夫婦は会えなかった親からの愛を伝えて貰える事なく育ってきました。もっと言ってしまうと私たちの心からその会えなかった親の存在を疎外させられる生活環境で育ってきました。
> それは傍に居る母親であったり施設担当者だけを信じて話を聞いていれば良い・・ そんな偏った教えで会えない親の話しを口に出せずまま子ども時代を送ってきました・・。
> 勿論、育てて貰って来た事に感謝は一杯ですが、その思いを利用して目の前にいる母親や施設担当者がどれだけあなた方の為にどれだけ頑張って来たのかを圧しつけ洗脳させる言葉ばかりでした・・
> そんな母親や施設担当者達は周囲へも自分の苦労話ばかりを広め同情心を得ようとアピールばかり、そしてこれを愛している事だと子供の傍に居ない親には愛はなく、親ではないと・・・。
> 私たちの誕生の原点である会えない親の存在を否定され続けてきました・・・。
> 家事が苦手だった母は似た環境のシングルマザーの集まりに行っては男性の悪口をいいつつ、その他では男性が多い場所へ行っては女性ホルモンを出し自己主張する日々・・。
> 同情を得たい時は幼い私を連れ歩き、そうでない時は放置・・ まるで私は母の都合のよいアクセサリーとなっていました・・。
>
> そんな母の辻褄が合わない生活や姿を見ていて私は高校卒業と同時に家を出ました。
> 私たち夫婦は社会人になり間もなくの頃に出会い同棲から結婚へと進みました。
> 籍を共にする事を決めるにあたって夫と悩んだ事がありました・・
> それは私たちに家族を築けるのか? そして私たちに子どもが授かった時、私たちに子育てが出来るのか?、子どもたちに愛を捧ぐ事は出来るのかという話でした・・・。
> それは私たちが生まれるにあたってなくてはならない両親からの愛を受け取っていない 伝えられていないばかりか会えない親を否定され続けてきた事、それは私たちの誕生の原点でさえも否定されて育ってきた事・・・。
> こんな私たちに子どもを育てる事は出来るの?とふたりで悩み続けていました・・・。

シングルファミリーいってもその中には死別などいった愛し合っている家庭でありながらで別れなければならなかったご家庭も多く、そして今も亡き愛する方を想い静かに暮らされておられる方も多くいらっしゃいます・・
ただ昨今ではシングルファミリーといったら家族を築かず破壊させた離婚家庭が急増し更に多くの離婚を助長誘発させる活動が目立つのも現実・・・。
子どもたちは親の所有物ではない、勿論親の都合や身勝手な感情で子どもたちを利用することなどはあってはならないのに・・・
子を持つ親・大人にとって最低限の責務は果たす事は大切です が、それは目に見える物質的な事を与える事だけではなく、先ず子の心の成長を最優先し愛し捧ぐ事を第一優先に出来る信念を持てない親や大人が自身を正当化し増え続けているのも悲しい現実です・・・。
「私が笑っていると(親が幸せだと)子どもたちも笑顔が増え幸せ・・」や 子どもに向かって「あなたの為に・・」等といったそんな親の心を持たない発言も耳にします。
昔から言われる筋道・順序がいつの間にか逆になってきたのかもしれません。。。
常に周囲から注目されていたい・・、そんなん事から目標などそこまでの蓄積なしに(経験をせずに)理想へ辿りつこうとする考えをお持ちの方が多いのかもしれません。。。
しかしそれでは何に辿りつく事無く、更に多くの人々や子どもたちを陥れ傷を負わせるだけ、そして傷を負わされた人たちの存在はそのまま放置したまま・・・
筋道を通せない人は他責にばかりに走り、もしかしたら自責の念は一切持てないのかもしれません。。。
でも yukiさん、それでも信じてみませんか? それはけっして求めたり期待する事ではなく相手を信ずるという心を持ち続けるコト・・・。
変な話ですが、とーたんは普段娘紗礼さんの写真が入ったペンダントを身につけています。そしてそのペンダントの紐には娘の母親であり元奥さんとの結婚指輪を通しています・・・。
大抵の方はこれを見たら引いてしまうでしょう・・ でもそれを承知で身につけています。それは何故か・・ それはもし娘の写真と元奥さんとの指輪を別にしまったらとーたんまで娘と母親を引き裂いてしまう考えを持ちそうだからです。。。
愛娘の生命の誕生にとって なくてはならない存在である母親・・・
今も娘にとーたんの愛を伝えるどころか娘の心からとーたんを引き裂き削除させる日々ではありますが、娘にとって両親がふたりともこんな残虐な事をしたら娘がこの世に誕生した証を全て失くしてしまうと・・・
とーたんは決して強い人間ではありません・・ だからこそ常に誓いを忘れぬよう娘の誕生には無くてはならない娘の母親との指輪を身につけている次第です。。。
とーたんの母に対しても同じ気持ちです。とーたんの母が存在しなければ紗礼という娘を授かる事はなかったのだと・・・。
常日頃から自分自身にそう念じるようにしています。。。


> そんな時に私たちはとーたんさんのブログに出会えました。そして救われました・・。
> 以前にとーたんさんが綴られていた「死に物狂いで親になる、親になりたい・・・」そして「親は子どものお陰で学ばさせて貰え 親として成長させて貰える・・」 この言葉はどれだけ親と生き別れた私たちを救って下さった事か・・・。
> とーたんさんの幼少期の出来事も拝見しただけに勇気を頂きました。そして私たちも子どもが欲しいとなり、昨年の10月私たちは天使を授かりました・・・。
> 紗礼さんと同じ誕生月です。当初は逆子でしたが逆子体操を続けられたおかげなのか、無事自然分娩で出産する事が出来ました。
> 私たちの天使は女の子です。そして名前はサクラと名付けました。紗礼さんからお名前を拝借しました。字こそはカナですがこれもとーたんさんの想いをお借りさせて頂きました。そう 言ってしまえば名付け親はとーたんさんでもあるんです。
> この先、娘からサクラはなんでカタカナなの? と訊かれたらこう伝えるつもりです、それはね世界中の人が知っている成長と平和への象徴、あなたの微笑みと謙虚さで調和を繋げられる春と秋の桜をかさねたんだよ・・。
> これからアナタが大きくなって世界へ羽ばたく時にみんなに憶えて貰いやすいようにだよって・・・
> もし漢字の方が良かったと言われたらこう伝えます、本当は漢字もあるんだよって その時は絹の様に柔らかく優しい女性、そして人にたいして偏見や差別なく感謝を持てる人になって欲しい、> そしてサクラさんが私たちの元へ生まれてきたことへの感謝の礼ですよって。 そして私たちお父さんとお母さんの心をを救ってくれたその方ご自身のお子さんにこの名を命名した大切な名前なんだよとそう伝えたいと夫共々と話しております。
> あまりの突然の話しできっととーたんさんは驚かられていらっしゃると思います。
> これをお読みななられたらとーたんさんの事、たまに見せてくださる「え~ 責任持てないよう~」なんて言いそうですよね (=^^=)
> ご安心ください、もう名前はすでに登録してしまいましたから基本変更が出来ません (^_^)

お子さんを授かれたのですね♪ 心から心からにおめでとうございます♪♪♪
し・しかし命名の経緯が・・・・・
「え~ 責任持てないよう~」と そのままです~。。。b^^;
でも本当に良かった~ yumiさんご夫婦の赤ちゃんさぞカワイイのでしょうね *^^*♪
3ヶ月目となるのでしょうか 日々、おっきくなるのが目に見えて確認出来る時期ですよね~♪
ママやパパのお顔を見てニコって笑ってくれたらどんなに辛い事でも吹き飛んじゃいますよね~
夜泣きした時は何で泣いているのかな? 何をして欲しいのかな? オッパイかな~? ウンPかな~? それともダッコかな~? なんてご夫婦で悩みながら赤ちゃんの心に耳を傾ける・・・
まだまだこれからが大変でしょうが親にさせて貰える瞬間でもありますよね b^^♪
yumiさんご夫婦ならきっと天使さんのココロに耳を傾けてくれていることでしょうネ =^^=♪
とーたんが言うのも変ですが、あまり頑張らずに子どもを真ん中にしてご夫婦手を取り合い互いに目を見ながらゆっくりと歩んでほしいデス =^^=
本当に本当におめでとうございます *^o^*♪


> とーたんさんが仰るコトバはまさに我が子へ身を捧ぎ盾となり守る父の詩の集大成だと夫とも話しております・・・。
> 詩に添えられる数々のお写真とそのバックで流れる音楽は、あるひとりの父親の日々の心と目線、それはまるで芸術的なドキュメント映画の様で更に胸が熱くなります。
> とーたんさん
> 詩の一行一行、お写真のひとコマひとコマ、音楽だってタイトルから全くぶれることなく綴られ続けていて本当に親として真っ直ぐな方なんだなって・・
> この幹線道路のお写真一枚一枚にも紗礼さんや家族への想いが詰まったお言葉が浮き上がってきます。
> どんな思いで撮られていたのか・・・ 紗礼さんへ優しく語り綴られれば綴る程、とーたんさんの苦しみまでも伝わり涙がこみ上げてきてとまりません・・・。
> 何よりも紗礼さんを最優先にそして虐待問題にも訴えられてこられる姿。
> でも そんなとーたんご自身が残酷且つ残虐な目に遭ってきてもご自身の苦しみや痛みや傷は伏せていらっしゃる・・
> 真の親、真の父親って本当に凄い・・と夫も申しております。
> 我が身を捨ててでもどんなに苦しくても我が子を最優先に守りたい、守る信念が私たちの胸に熱くそして優しく包みこんでくれます。
> とーたんさんがいかにお子さんたちにとって真実の父であるかと。
>
> 紗礼さんの日常生活もとうとう高校受験本番となりましたね・・
> とうとう という書き方も本当は適切な言葉ではないのかもしれませんが・・・。
> 都立の推薦試験がありましたよね、紗礼さんは推薦なのか、一般なのか 父親であるとーさんでさえ知らされることが無い・・・
> 今、目の前に紗礼さんが居なくてもとーたんさん、これからもずっと紗礼さんを応援して下さい。

有り難うございます 本当に本当に。。。
自己満足でしかありませんが、会えなくてもどんなに引き裂かれ傍で守れなくても生かされる限り娘紗礼を死に物狂いで応援していける父親になっていきたいです。。。


> P.S.
> 実はとーたんさんにお願いがあります。聞いて頂けますでしょうか?
> とーたんさんはテレビ映画製作関係のお仕事をされていらっしゃられるのでしょうか?(間違っていたら申し訳ありません。)
> それはとーたんさんが綴られてこられたラブレターの内容記事が後日に映画やテレビドラマでそのままセリフとして使用されている事が多くよく驚きます。
> まだ放映や公開さる以前にとーたんさんが書かれていた言葉がほぼ変わりなくそのままドラマ台詞になっていることに気付いてしまい もしかしてとーたんさんはそういったご関係でお仕事されている方ではないのかなって夫とも話しております。
> お写真に関しましても 趣味で写真を撮れる技術とはとても思えないですし・・
> 以前にされた銀座での写真個展も大盛況でしたし・・・(実は夫と見に行ってすごく感動しました。)
> 写真家と謳われる方のお写真と合わせても明らかに違い、やはり何よりも一番に言える事はお写真の一枚一枚にメッセージが刻み込まれている事が大きな違いです・・
> 最近あまり撮られていらっしゃらない様ですが人の顔のアップ写真やお子さんたちの表情を撮られたお写真も夫婦ともども大好きです。
> そこで折り入ってお願いがあります。我が家ではまだまともな家族写真を撮った事がありません。
> もし もしお時間を割いて下される状況があれば私たち家族を写真に収めて頂けませんでしょうか・・・?
> 私たちは実はとーたんさんがお写真をよく撮られる地区近くに暮らしております、とーたんさんが気が向いた時で良いのでお願いできないでしょうか・・・?
> 突然のコメントにこんな虫のいいお願い事と理解しております。
> 最近、お子さんたちのお写真が少ないのにももしかしたらとーたんさんのお気持ちの面で撮られていないのかもしれません・・
> それでもいつかとーたんさんのご都合を最優先の上で私共家族写真を撮って頂けるとウレシイデス。無理なお願い事で申し訳ありません。

あははっ とーたんは写真家でもなければカメラマンでもありませんョ。。。f^^;
写真自体も娘へのメッセージのひとつとして撮っているだけでカメラもガラケーのカメラやお下がりの家電メーカーの一眼カメラでして。。。f^^;
お近くにお住まいだったのですね(世間狭っ 笑)
実はとーたんは記念写真といった様な写真が撮れないんです(涙)
というのも 「撮りますョ~」だとご本人よりもとーたんがプレッシャーで撮れなくなっちゃうぐらい心臓がちっちゃいんです。。。(涙)
ブログをよく見てくださっていたようなのですが、(有り難うございます m(_ _)m)アップの写真とかはご本人に後で撮る事だけをお伝えてしておいて・・
ご本人が忘れた頃や気が抜けた頃に何気なく撮っている事が殆どなんです(笑)
なのでご家族写真といった大切な記念写真を撮る技術や心臓は持ち合わせてなくて基本お断りしているんです 本当に本当に申し訳ありません。。。<(_ _;)>。。


>
>
> 長文なってしまい大変申し訳ありませんでした。

いえ とんでもないです。
有難いお言葉ばかりに恐縮するばかり、目頭が熱くなってしまいました・・・。
こちらこそ本当にありがとうございます。 <(_ _;)>



> 紗礼さんへのラブレター、これからもずっと綴られてください。これは親と生き別れた私たちからの願いでもあります。
> そして いつか必ず紗礼さんに届くと願っています。

kumiさん そして旦那様、本当にありがとうございます。。。
これからもご家族みなさんで愛を築き繋ぎ伝えてくださるととーたんも救われます ^^

2017/01/30 23:12  | URL | とーたん #u2lyCPR2[ 編集] |  ▲ top

- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/01/30 20:57  | | #[ 編集] |  ▲ top

- 承認待ちコメント -
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/01/29 23:28  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://sakura20011019.blog21.fc2.com/tb.php/4081-f6ca4fb2
| メイン |